日本語教師には必要不可欠|英語専門塾に通うならカリキュラム内容をしっかり確認
メンズ

日本語教師には必要不可欠

勉学

日本語教育能力検定とは日本語を教える能力を調べる検定です。国家資格でも公的資格でもありませんが、日本語教師として活躍したい人であれば、この日本語教育能力検定を受けている人が多いです。日本語教育能力検定では主に外国人に日本語を教えることを想定しているので、国語教師とは違い、日本語の成り立ちや文法だけでなく、世界から見て日本という国がどういう国なのか、また日本特有の文化や歴史なども把握しておく必要があります。年に1回秋に行われており、合格不合格という区分になりますが、合格点が何点なのかは公表されていませんが、合格者には12月に合格証書が送られてきます。英検のように受験する人が多くはないので、試験会場も所要都市だけになります。地方に住んでいる人であれば、自分の試験会場へのアクセスは事前に確認しておくことが大切です。

近年、日本に住む外国人が多くなってきています。その理由は様々ですが、日本企業に就職する人も増えてきています。スムーズに同僚と会話したり、それでなくても日本でも友人関係を豊かにしたいという人も多く、日本において日本語を学ぼうとする外国人は大勢います。そのため、日本語学校の需要も増え、日本語教師が必要とされています。日本語を自由に操れるからと言って誰でも日本語教師になれるわけではありません。母国語でない言語を身につけるには苦労も多く、母国語ではない言語を教えるにはテクニックが必要だからです。日本語教師になるための最低限のテクニックがあるかどうかは、日本語教育能力検定に合格することで証明することができます。もちろん、日本語教師として活躍するためには、合格した後も自分の知識を増やし技術を磨くことが大切です。